まほろば暮らし

ブログ運営などについてご紹介します

子どもの海水浴デビュー、三浦半島「油壺」が大人気!

こんにちは、まほろばんです。

いよいよ夏休みが始まりますね。
みなさんお出かけの計画を検討中だと思います。

ぼくは逗子に住んでいるので、よく週末は家族で海水浴に行くんですが、
この三連休は、三浦半島の「油壺(あぶらつぼ)」に行ってきました。

ここは小さなお子様連れにもオススメできる海水浴場だったので、
楽しみ方や注意点などをシェアしたいと思います。

楽しい夏休み計画のご参考になれば幸いです!
それでは、ご紹介していきましょう。

f:id:mahoroban:20180717081627j:plain

油壷ってどこにある?

油壷「あぶらつぼ」という、この不思議な名前の地は、
神奈川県三浦半島の南端に位置します。


横浜からは「横浜横須賀道路」を使うと、車で1時間ほど。
電車でも京急「三崎口」からバスがあるので、
特急を使えば横浜駅から1時間あまり。


都内からでも、十分日帰りで楽しめる距離。
そしてこのエリアでは、3つの海水浴場があるんです。
気分や遊び方に応じて、浜辺を変えるのもオススメです!


今回訪れたのは、このうちの「胴網(どうあみ)海水浴場」。


そこには「小さな子ども」にも人気の秘密がありました。
ではさっそく、その秘密をみていきましょう!
 

海水浴デビューにオススメの理由

①目が届く小さな浜辺

f:id:mahoroban:20180717083702j:plain

湘南エリアの海水浴場は、シーズン中、多くの人で賑わっています。
混雑した浜辺で、小さなお子さんをずっと見守るのは大変ですよね。

この浜辺も賑わっていますが、それほど広くないので、
小さな子ども連れでも安心して遊ぶことができます。

②透明度が高い&波がない

f:id:mahoroban:20180717085126j:plain

小さな子どもは、大きな波の音が怖いようです。
うちの三男は2歳ですが、鎌倉や逗子の海だと泣いてしまってました。

でも、この海水浴場はプールのような感じで静かです。
なので、楽しく浮き輪で浮かんでいました。

磯遊びも楽しめて、小さな魚やカニなどを見つけることもできます。
それに、湘南エリアの中では、透明度も高いほうなので、
次男(5歳)は、夢中でシュノーケリングをしていました。


③ビーチハウスあり

暑い日差しの中での海水浴。
いざとなったら、避難できる場所があったほうが安心です。

この海水浴場には、ビーチハウスがあります。

f:id:mahoroban:20180717085620j:plain
f:id:mahoroban:20180717085919j:plain

カフェメニューなどの食事を取ることもでき、かき氷やビールなども販売しています。
事前に予約しておけば、SUPやシーカヤックのツアーに参加できたり、
手ぶらでバーベキューを楽しめたりもします。

海のプロフェッショナルが近くにいるのは安心ですよね。

④水族館や日帰り温泉も

徒歩圏内には、水族館や日帰り温泉もあります。

1日中海水浴はハードなので、
午前中に海水浴、午後は水族館というプランも可能です。

こちらの「油壷マリンパーク」は、創立50年の歴史ある水族館。
イルカやアシカのショーもあり、すごく楽しめました。


また次の記事にまとめたいと思います!

f:id:mahoroban:20180717090854j:plain
f:id:mahoroban:20180717090906j:plain

訪れる際の注意点

胴網海水浴場は岩が多かったので、 小学生くらいが遊ぶなら
マリンシューズなどを履いていると安心です。

磯遊びで夢中になって、足を切ると大変ですからね。
1足あると、海だけでなく川などでも使えるので便利です。

また、バケツや網があると、生き物を捕まえられますよ!

 

駐車場から胴網海水浴場まで、坂道で5分ほど下ります。
こういう森の中を入っていきます。

f:id:mahoroban:20180717092159j:plain
f:id:mahoroban:20180717092212j:plain


木陰なので、それほど大変ではありませんが、
大きな荷物がある場合は、カートがあると便利です。

帰り道は上り坂になるので、余力を残しておきましょう!

 

駐車場の情報

この海水浴場の重要なポイントは、駐車場。
わかりやすく説明しておきたいと思います。


まず、車で向かっていくと最初に市営の駐車場があります。
ここは、1日510円ですが、海水浴場まで10分ほど歩きます。

ぼくが訪れたのは、3連休の真ん中の日曜日でしたが、
午前10時ごろでもまだ空車がありました。

ただ朝8時で満車になるという情報もあり、
早めに行くことをオススメします。


この市営駐車場を超えて、さらに直進すると、
油壷マリンパーク(水族館)の駐車場があります。

f:id:mahoroban:20180717092807j:plain

ここは水族館とセットの場合、1日1000円で駐車できます。
もし水族館に行かないで海水浴だけ楽しむ場合は、1日3000円かかります。

駐車場では、まず係の人に3000円支払い、
その後、水族館のチケット売り場で2000円が返金されるというシステムなので、
現金を忘れずに持っていきましょう!

この駐車場への道の途中には、日帰り入浴施設を完備したホテルもあり、
他に道がないため渋滞が起きていました。


ぼくの場合は20分ほどで駐車できましたが、
やはり午前中の早めに行くのがオススメですね。 


今回は午前10時に到着したのですが、
次回は午前9時を狙っていきたいと思います。

まとめ

今回、初めて「油壷」を訪れましたが、とても遊びやすい場所でした。
駐車場さえ気をつければ、水族館と海水浴をセットで楽しめます。

波が穏やかなので、海水浴デビューにはピッタリです。
疲れたら水族館に避難すればOK!

 

疲れたお父さんにとって水族館はオアシスやね。

そうだね。機会があれば、ぜひ訪れてみてください!

 

海水浴はまだちょっと早いというファミリーには、
こちらの水遊びスポット、平塚総合公園もオススメです!

www.mahoroban.com


横浜・湘南エリアの人気記事TOP5は、 こちらの記事をご参照ください。

www.mahoroban.com

 

f:id:mahoroban:20180717094830j:plain

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

現在、読者を募集中です。

 

SNSアカウント

Twitterでは、

このブログの最新情報やニュースの裏側、

家族・子育てのことなどを発信していきます。

twitter.com